2013 年版 序

がん対策基本法の基本理念に則り,EBM を重視した標準的な口腔癌診療を提示し,治療の安全性と治療成績の向上を図ることを目的に,2009 年1 月に「口腔癌診療ガイドライン2009 年度版」が発行された。当初は3 年毎の定期的な改訂を予定していたが,諸事情により遅れ,ここに2013年改訂版を発行することになった。この4 年間に口腔癌診療は着実に進歩し,新しい診断技術や治療法が導入され,治療成績の向上をみている。また,2010 年1 月には「口腔癌取扱い規約」が発刊され,このガイドラインを補完するものとなった。

今回の改訂では「口腔癌取扱い規約」との整合をはかりつつ,2009 年度版で記載されていたCQについては,最新の知見を加えて内容を精査し最新の治療指針を示すとともに,一部は削除・統合されている。また,2009 年度版では記載されていなかった臨床上重要なCQ を新たに追加し,日常臨床に一層参考になるように配慮されている。

口腔癌の診断と治療は日々進歩している。今後も進歩に呼応した定期的なガイドライン改訂が必要であり,同時にわが国発の質の高い臨床研究が望まれ,その研究成果を今後の改訂に反映させる必要がある。また,本ガイドラインの世界へ向けての発信も必要と思われる。

この「口腔癌診療ガイドライン2013 年版」が口腔癌診療に携わる多くの臨床家に適切な情報を提供し,何より患者に対し最良の医療が行われることに役立てば幸いである。

最後に,この2013 年版の発行に当たり,日本口腔外科学会口腔癌診療ガイドライン策定委員会,日本口腔腫瘍学会口腔癌治療ガイドライン改訂委員会ならびに両学会のガイドライン評価委員会の先生方の尽力に対して,深甚なる感謝の意を表する。

2013 年5 月

日本口腔腫瘍学会 理事長

小村 健