クリニカルクエスチョン・推奨一覧

肺癌診療

※CQ No.部分をクリックすると解説へ移動します。

Ⅰ.肺癌の診断

総論.肺癌の診断

1 検出方法

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ1 ハイリスク群を対象とした肺門部肺癌の検出に,喀痰細胞診は有用か? ハイリスク群では肺門部肺癌の検出に喀痰細胞診を行うよう勧められる。〔推奨の強さ:1,合意率:83%〕 C
CQ2 肺癌の検出に,PET/CT 検査は有用か? 肺癌の検出にPET/CT 検査は行わないよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:94%〕 C
CQ3 肺癌の検出に,腫瘍マーカーは有用か? 肺癌の検出に腫瘍マーカーは行わないよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:67%〕 D

2 質的画像診断

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ4 高分解能CT で肺癌かどうか判断できない結節に,造影CT やMRI,FDG-PET/CT を行うことは有用か?
  • a . 造影CT を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕
C
  • b . MRI を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:78%〕
C
  • c . FDG-PET/CT を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:67%〕
C
CQ5 画像診断で肺癌を否定できない結節に,経過観察を行うことは有用か? 高分解能CT を用いて結節の性状や肺癌の危険因子の有無に基づいて,適切な観察期間で経過観察を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:94%〕 C

3 確定診断

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ6 中枢気道病変が疑われる症例に,気管支鏡検査は勧められるか? 中枢気道病変が疑われる症例に,気管支鏡検査を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ7 中枢気道の前浸潤性病変や早期癌が疑われる症例に,自家蛍光(autofluoresense)観察/ 狭帯域光観察(narrow band imaging)は勧められるか?
  • a . 中枢気道の前浸潤性病変や早期癌が疑われる症例に,白色光による気管支鏡検査に自家蛍光観察を併用するよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕
C
  • b . 中枢気道の前浸潤性病変や早期癌が疑われる症例に,白色光による気管支鏡検査に狭帯域光観察を併用するよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:89%〕
C
CQ8 肺癌を疑う肺末梢病変に,経気管支生検は勧められるか? 経気管支生検を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ9 肺末梢病変の経気管支生検に,ラディアル型EBUS は勧められるか? ラディアル型EBUS を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:67%〕 C
CQ10 肺末梢小型病変の経気管支生検に,仮想気管支鏡ナビゲーションは勧められるか? 仮想気管支鏡ナビゲーションを行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:63%〕 B
CQ11 肺癌を疑う肺末梢病変に,経皮針生検は勧められるか? 肺癌を疑う肺末梢病変,特に小型病変で経気管支生検による診断が困難な症例に対しては,空気塞栓や胸膜播種などの重篤な合併症の可能性を考慮のうえで,CT ガイド経皮針生検を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:84%〕 C
CQ12 肺癌を疑う肺末梢病変に,外科的生検は勧められるか? 胸腔鏡,開胸による生検は,気管支鏡や経皮針生検と比較して侵襲が大きいため,その必要性を十分に考慮したうえで行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:95%〕 D

4 病理・細胞診断

総論.肺癌の病理・細胞診断

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ13 肺癌の組織診断およびバイオマーカー診断を行ううえで,望ましい検体はどのようなものか? 肺癌の組織診断およびバイオマーカー診断を行うには,組織量,特に腫瘍(細胞)量と腫瘍(細胞)割合が十分で,かつ腫瘍細胞が挫滅していない検体を用いるよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:94%〕 C
CQ14 原発性肺癌のバイオマーカー検索に,細胞診検体は有用か? 原発性肺癌のバイオマーカー検索に適した検体として,細胞診検体を使用することを提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:65%〕 D
CQ15 原発性肺癌の組織型診断に,免疫組織化学的染色(免疫染色)は有用か?

〈生検検体〉

  • a . 形態学的に非小細胞癌の場合は,行うことを推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:82%〕
D

〈手術検体〉

  • b . 形態学的に組織型を決定できない場合は,行うことを推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:82%〕
D
CQ16 原発性と転移性の肺癌の鑑別に,免疫組織化学的染色(免疫染色)は有用か? 原発性と転移性の肺癌の鑑別には,複数の臓器特異的マーカーを用いた免疫組織化学的染色(免疫染色)が有用であることが示されており,また,適切な鑑別による治療方法選択で,予後の改善をきたすことが知られていることから,これを行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:71%〕 D
CQ17 術前未診断の主病巣に対して,術中迅速診断は有用か? 腫瘍型や診断の目的によって正診率が異なるが,良悪の判定等には一般に有用であり,行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:71%〕 D
CQ18 術中胸腔内洗浄細胞診は有用か? 術中に胸腔内洗浄細胞診を行うことを提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:65%〕 C

5 病期診断

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ19 T 因子診断のために,必要な検査は何か?
  • a . 胸部造影CT を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
C
  • b. 縦隔浸潤,胸壁浸潤,腫瘍周囲の無気肺の鑑別が必要な場合,FDG-PET/CT を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
C
  • c . 縦隔浸潤,胸壁浸潤,腫瘍周囲の無気肺の鑑別が必要な場合,胸部MRI を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:79%〕
C
CQ20 N 因子診断のために,必要な検査は何か?
  • a . 胸部造影CT,FDG-PET/CT を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
A
  • b . MRI を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:95%〕
C
  • c . 縦隔リンパ節転移の有無で治療法が異なる症例において,画像検査で縦隔リンパ節転移を疑う場合,超音波内視鏡検査(EBUS-TBNA,EUS-FNA)による病理学的診断を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:95%〕
A
  • d . 術前の画像検査で縦隔リンパ節転移が疑われ,超音波内視鏡検査では転移を認めなかった場合,縦隔鏡検査などの外科的生検を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕
C
CQ21 M 因子診断のために,必要な検査は何か?
  • a . FDG-PET/CT,頭部造影MRI を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
A
  • b . FDG-PET/CT で,単発の遠隔転移が疑われた場合は,可能なかぎり他の画像診断や病理学的診断で転移であることを確認するよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕
B

6 分子診断

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ22 治療方針を決めるための,分子診断の項目は何か?
  • a . 進行・再発非扁平上皮非小細胞肺癌の場合は,EGFR 遺伝子変異検査,ALK 融合遺伝子検査,ROS1 融合遺伝子検査,BRAF 遺伝子変異検査,PD-L1 免疫組織化学染色検査(IHC)を行い,進行・再発扁平上皮肺癌の場合は,PD-L1 IHC を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
A
  • b . EGFR-TKI に治療抵抗性(耐性)となった進行・再発非扁平上皮非小細胞肺癌の場合は,EGFR 遺伝子変異検査を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
B
CQ23 非小細胞肺癌の治療方針決定のために行う分子診断は,検査項目に優先順位をつけるか? 検査項目に優先順位をつけず,同時に行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:68%〕 D

※CQ No.部分をクリックすると解説へ移動します。

Ⅱ.非小細胞肺癌(NSCLC)

1 外科治療

総論.肺癌に対する外科治療

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ1 手術適応決定には,呼吸機能評価(spirometry)や循環機能評価(安静時心電図)をはじめ,血液・生化学所見や年齢などを総合的に評価・検討することが必要か? 術前呼吸機能・循環機能をはじめ,総合的に評価・検討を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ2 臨床病期Ⅰ-Ⅱ期非小細胞肺癌で標準手術可能な患者には,外科切除が勧められるか? 臨床病期Ⅰ-Ⅱ期非小細胞肺癌で外科切除可能な患者には,標準手術を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ3 臨床病期Ⅰ-Ⅱ期非小細胞肺癌で外科切除可能な患者に対する術式は,肺葉以上の切除を行うべきか? 臨床病期Ⅰ-Ⅱ期非小細胞肺癌で外科切除可能な患者に対する術式は,肺葉以上の切除を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 B
CQ4 臨床病期ⅠA 期,最大腫瘍径2 cm 以下の非小細胞肺癌に対して,縮小手術(区域切除または楔状切除)を行うよう勧められるか? 臨床病期ⅠA 期,最大腫瘍径2 cm 以下の非小細胞肺癌に対する縮小手術(区域切除または楔状切除)は行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕 C
CQ5 臨床病期Ⅰ期非小細胞肺癌で外科治療が可能であるが,肺葉切除以上の切除が不可能な患者に,縮小手術(区域切除または楔状切除)を行ってもよいか? 臨床病期Ⅰ期非小細胞肺癌で外科治療が可能であるが,肺葉切除以上の切除が不可能な患者に,縮小手術(区域切除または楔状切除)を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:90%〕 C
CQ6 臨床病期ⅢA 期非小細胞肺癌の治療方針は,呼吸器外科医,内科医,放射線治療医を含めた集学的治療グループで検討すべきか? 臨床病期ⅢA 期非小細胞肺癌の治療方針は,呼吸器外科医を含めた集学的治療グループでの検討を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ7 臨床病期ⅢA 期N2 非小細胞肺癌のN2 診断は,組織学的に確認すべきか? 臨床病期ⅢA 期N2 非小細胞肺癌の診断は,組織学的に確認を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ8 臨床病期ⅢA 期T4N0-1 非小細胞肺癌に対して,外科切除を行うよう勧められるか? 臨床病期ⅢA 期T4N0-1 非小細胞肺癌に対して,外科切除を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕 D
CQ9 切除可能な非小細胞肺癌に対しては,肺門縦隔リンパ節郭清を行い,病理学的評価を行うべきか? 肺門縦隔リンパ節郭清を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:80%〕 B
CQ10 臨床病期T3N0-1M0 の胸壁浸潤非小細胞肺癌には,胸壁合併切除を行うよう勧められるか? 臨床病期T3N0-1M0 の胸壁浸潤非小細胞肺癌には,胸壁合併切除を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ11 心膜に浸潤した臨床病期T3N0-1M0 の非小細胞肺癌には,合併切除を行うよう勧められるか? 心膜に浸潤した臨床病期T3N0-1M0 非小細胞肺癌には合併切除を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ12 肺全摘を避けて,気管支・肺動脈形成を行うべきか? 肺全摘を避けて,気管支・肺動脈形成を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ13 同一肺葉内結節で転移(PM1)もしくは多発肺癌を疑うcN0 症例において,手術を行うべきか? 同一肺葉内結節で転移(PM1)もしくは多発肺癌を疑うcN0 症例において,手術を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 D
CQ14 他肺葉内結節で,多発原発性肺癌を疑う症例において,手術を行うべきか? 他肺葉内結節で,多発原発性肺癌を疑う症例においては,手術を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:80%〕 D
CQ15 他肺葉内結節で,肺内転移(PM2,3)を疑う症例において,手術を行うべきか? 肺内転移(PM2,3)を疑う症例においては,手術を行わないよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:60%〕 D
CQ16 異時性多発肺癌に対しては,耐術能があれば外科治療を行ってもよいか? 異時性多発肺癌に対しては,耐術能があれば外科治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:60%〕 D
CQ17 臨床病期Ⅰ期非小細胞肺癌に対して,胸腔鏡補助下肺葉切除を行ってもよいか? 胸腔鏡補助下肺葉切除を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:57%〕 B
CQ18 臨床病期Ⅰ期非小細胞肺癌に対して,ロボット支援下肺葉切除を行ってもよいか? 臨床病期Ⅰ期非小細胞肺癌に対して,ロボット支援下肺葉切除を推奨するだけの根拠が明確ではない。〔推奨度決定不能〕  
CQ19 外科切除後の非小細胞肺癌に対しては,定期的な経過観察を行うべきか? 外科切除後の非小細胞肺癌に対しては定期的な経過観察を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:90%〕 C
CQ20 非小細胞肺癌術後の患者は,禁煙を行うべきか? 非小細胞肺癌術後の患者に対しては,禁煙を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:90%〕 C
CQ21 切除可能な低悪性度腫瘍(カルチノイド,粘表皮癌,腺様嚢胞癌)は,非小細胞肺癌に準じた外科治療を行うべきか? 切除可能な低悪性度腫瘍(カルチノイド,粘表皮癌,腺様嚢胞癌)に対しては,非小細胞肺癌に準じた外科治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C

2 光線力学的治療法

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ22 中心型早期肺癌に光線力学的治療法(PDT)は勧められるか? 中心型早期肺癌の中で,腫瘍全体にレーザー照射が可能な長径1.0 cm 以下の病巣を対象に行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:64%〕 C

3 放射線治療基本的事項

総論.放射線治療における基本的事項の推奨にあたって

No. クリニカルクエスチョン 推奨
CQ23 肺癌に対する放射線治療において,適切な放射線治療装置・治療計画法は何か?
  • a . 肺癌に対する胸部放射線治療には直線加速器による6~10 MV X 線を用いるよう勧められる。
  • b . 放射線治療計画には,少なくともCT を用いた3次元治療計画を行い,3 次元的な線量分布図およびDVH を常に検討するよう勧められる。
  • c . 線量計算ではできるかぎり実測値に近い計算アルゴリズムを用いた不均質補正を行うよう勧められる。
  • d . 腫瘍の呼吸による動きを評価し,その程度に応じて適切な呼吸移動対策を行うよう勧められる。
CQ24 放射線治療の品質管理は勧められるか? 放射線療法では,照射野設定,線量計算などの品質管理を適切に行うよう勧められる。

4 周術期

総論.周術期における治療方針

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ25 臨床病期Ⅰ-ⅢA 期に対して,術前プラチナ製剤併用療法は勧められるか?
  • a . 臨床病期Ⅰ-Ⅱ期(第8 版)に対して,術前プラチナ併用化学療法を行わないよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:74%〕
C
  • b . 臨床病期ⅢA 期(第8 版)に対して,術前プラチナ併用化学療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:65%〕
C
CQ26 切除可能な臨床病期ⅢA 期(N2)に対して,術前化学放射線療法は勧められるか? 切除可能な臨床病期ⅢA 期(N2)に対しては,術前化学放射線療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:68%〕 C
CQ27 病変全体径>2 cm の術後病理病期ⅠA/ⅠB/ⅡA 期(第8 版)完全切除,腺癌症例に対して,テガフール・ウラシル配合剤療法は勧められるか? 病変全体径>2 cm の術後病理病期ⅠA/ⅠB/ⅡA 期(第8 版)完全切除,腺癌症例に対して,テガフール・ウラシル配合剤療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:85%〕 A
CQ28 病変全体径>2 cm の術後病理病期ⅠA/ⅠB/ⅡA 期(第8 版)完全切除,非腺癌症例に対して,テガフール・ウラシル配合剤療法は勧められるか? 病変全体径>2 cm の術後病理病期ⅠA/ⅠB/ⅡA 期(第8 版)完全切除,非腺癌症例に対してテガフール・ウラシル配合剤療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕 C
CQ29 術後病理病期Ⅱ-ⅢA 期(第8 版)完全切除例に対して,シスプラチン併用化学療法は勧められるか? 術後病理病期Ⅱ-ⅢA 期(第8 版)完全切除例に対して,シスプラチン併用化学療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:95%〕 A
CQ30 EGFR 遺伝子変異陽性の術後病理病期ⅠB-ⅢA 期完全切除例に対してEGFR チロシンキナーゼ阻害剤による治療は勧められるか? EGFR 遺伝子変異陽性の術後病理病期ⅠB-ⅢA 期完全切除例に対してEGFR チロシンキナーゼ阻害剤による治療を行わないよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ31 術後病理病期Ⅰ-Ⅱ期完全切除例に対して,術後放射線療法は勧められるか? 術後病理病期Ⅰ-Ⅱ期完全切除例に対して,術後放射線療法は行わないよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 A
CQ32 術後病理病期Ⅲ期(N2)完全切除例に対して,術後放射線療法は勧められるか? 術後病理病期Ⅲ期(N2)完全切除例に対して,術後放射線療法は考慮してもよいが,行うよう勧めるだけの根拠が明確ではない。〔推奨度決定不能〕  

5 Ⅰ-Ⅱ期非小細胞肺癌の放射線療法

総論.Ⅰ-Ⅱ期非小細胞肺癌における放射線治療

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ33 医学的な理由で手術できないⅠ-Ⅱ期非小細胞肺癌に対して,根治的放射線治療は勧められるか? 医学的な理由で手術できないⅠ-Ⅱ期非小細胞肺癌には,根治的放射線治療の適応があり,行うよう勧められる。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ34 切除可能なⅠ-Ⅱ期非小細胞肺癌に対して,根治的放射線治療は勧められるか?
  • a . 肺葉切除可能なⅠ-Ⅱ期非小細胞肺癌で手術を希望しない場合は,根治的放射線治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:83%〕
C
  • b . 外科切除が可能であるが肺葉以上の切除が不可能なⅠ-Ⅱ期非小細胞肺癌患者には,根治的放射線治療を行うことを考慮してもよい。〔推奨の強さ:2,合意率:91%〕
C
CQ35 Ⅰ期非小細胞肺癌の根治的放射線治療における適切な照射法は何か? 線量の集中性を高める高精度放射線照射技術を用いることが勧められる。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 B

6 Ⅲ期非小細胞肺癌・肺尖部胸壁浸潤癌

総論.Ⅲ期非小細胞肺癌・肺尖部胸壁浸潤癌における治療方針

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ36 切除不能局所進行非小細胞肺癌,全身状態良好(PS 0-1)の患者に対して,化学放射線療法は勧められるか? 切除不能局所進行非小細胞肺癌,全身状態良好(PS 0-1)の患者に対して,化学放射線療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 A
CQ37 切除不能局所進行非小細胞肺癌,全身状態が良好(PS 0-1)な患者の化学放射線療法における放射線療法の最適なタイミングとしては,化学療法との同時併用が勧められるか? 切除不能局所進行非小細胞肺癌,全身状態が良好(PS 0-1)な患者の化学療法と放射線療法の併用時期は,同時併用を行うことを推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 A
CQ38 化学放射線療法においてプラチナ製剤と第三世代以降の細胞障害性抗癌剤併用を勧められるか? 化学放射線療法においてプラチナ製剤と第三世代以降の細胞障害性抗癌剤併用を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:94%〕 A
CQ39 切除不能局所進行非小細胞肺癌,シスプラチン一括投与が不適な高齢者に対して,連日カルボプラチン投与による化学放射線療法は勧められるか? 切除不能局所進行非小細胞肺癌,シスプラチン一括投与が不適な高齢者に対して,連日カルボプラチン投与による化学放射線療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:62%〕 B
CQ40-1 同時化学放射線療法後に異なる細胞障害性抗癌剤に変更して地固め化学療法を行うよう勧められるか? 同時化学放射線療法後に異なる細胞障害性抗癌剤に変更しての地固め化学療法は行わないよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 B
CQ40-2 同時化学放射線療法後に免疫チェックポイント阻害剤による地固め療法を行うよう勧められるか? 同時化学放射線療法後にデュルバルマブによる地固め療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:1,合意率:75%〕 B
CQ41 化学療法併用時の適切な照射法は何か?
  • a . 総線量は通常分割で少なくとも60 Gy を用いるよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
A
  • b . 74 Gy の高線量照射は行わないよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
B
  • c . 標的病変に十分な線量を投与し,かつ正常臓器の毒性を低減するような照射野の設定を推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
B
CQ42 切除不能のⅢ期非小細胞肺癌で化学療法併用不能なものに対して,放射線単独療法は勧められるか? 放射線単独療法を行うよう勧められる。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ43 放射線治療単独時の適切な照射法は何か? 通常分割照射で少なくとも60 Gy を用いるよう勧められる。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 A
CQ44 切除可能な肺尖部胸壁浸潤癌(臨床病期T3-4N0-1)に対して,どのような治療が勧められるか? 術前化学放射線療法後に外科治療を実施する集学的治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:92%〕 C

7 Ⅳ期非小細胞肺癌

総論.Ⅳ期非小細胞肺癌における薬物療法の意義とサブグループ別の治療方針

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ45 全身状態良好(PS 0-1)なドライバー遺伝子変異/ 転座陽性例に対する最適な一次治療は何か? ドライバー遺伝子(EGFR,ALK,ROS1,BRAF)変異/転座を有するPS 0-1 の患者に,それぞれの遺伝子変異/転座を標的とするキナーゼ阻害剤を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 A
CQ46 PS 2-4 のドライバー遺伝子変異/ 転座陽性例に対する最適な一次治療は何か?
  • a . ドライバー遺伝子(EGFR,ALK,ROS1,BRAF)変異/転座を有するPS 2 の患者に,それぞれの遺伝子変異/転座を標的とするキナーゼ阻害剤を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:96%〕
C
  • b . ドライバー遺伝子(EGFR,ALK,ROS1,BRAF)変異/転座を有するPS 3-4 の患者に,それぞれの遺伝子変異/転座を標的とするキナーゼ阻害剤を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:93%〕
C
CQ47 75 歳以上のドライバー遺伝子変異/ 転座陽性例に対する最適な一次治療は何か? ドライバー遺伝子(EGFR,ALK,ROS1,BRAF)変異/転座を有する75 歳以上の患者に,それぞれの遺伝子変異/転座を標的とするキナーゼ阻害剤を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:96%〕 C
CQ48 ドライバー遺伝子変異/ 転座陽性例に細胞障害性抗癌剤は勧められるか? ドライバー遺伝子変異/転座陽性例の患者においても,ドライバー遺伝子変異/転座のない患者で推奨される細胞障害性抗癌剤を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 A
CQ49 ドライバー遺伝子変異/ 転座陽性例に細胞障害性抗癌剤と免疫チェックポイント阻害剤の併用は勧められるか? ドライバー遺伝子変異/転座陽性の患者にプラチナ製剤併用療法と免疫チェックポイント阻害剤の併用療法を行うよう勧めるだけの根拠が明確ではない。〔推奨度決定不能〕  
CQ50 ドライバー遺伝子変異/ 転座陽性例に免疫チェックポイント阻害剤単独療法は勧められるか? ドライバー遺伝子変異/転座陽性例の患者に免疫チェックポイント阻害剤単独療法を勧めるだけの根拠が明確ではない。〔推奨度決定不能〕  
CQ51 PS 0-1 の場合,一次治療としてどの治療法が勧められるか?
  • a . オシメルチニブを行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:83%〕
B
  • b . ダコミチニブを行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:83%〕
B
  • c . ゲフィチニブ,エルロチニブ,アファチニブを行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕
A
  • d . エルロチニブ+ベバシズマブを行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:92%〕
B
  • e . ゲフィチニブ+カルボプラチン+ペメトレキセドを行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:92%〕
B
CQ52 PS 2 の場合,一次治療としてどのEGFR-TKI が勧められるか? EGFR-TKI(ゲフィチニブ,エルロチニブのいずれか)を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ53 PS 3-4 の場合,一次治療としてどのEGFR-TKI が勧められるか? ゲフィチニブを行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:75%〕 C
CQ54 PS 0-1 の場合,一次治療としてどのEGFR-TKI が勧められるか?
  • a . エクソン18-21 の遺伝子変異(エクソン19 欠失・L858R 変異・エクソン20 の挿入変異・T790M変異以外)には EGFR-TKI(ゲフィチニブ,エルロチニブ,アファチニブ)による治療を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:87%〕
C
  • b . エクソン20 の挿入変異にはEGFR-TKI を行わないよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:70%〕
C
  • c . EGFR-TKI 未治療のT790M 変異にオシメルチニブを行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:67%〕
D
CQ55 一次治療EGFR-TKI 耐性または増悪後のT790M 変異陽性例に対する最適な二次治療は何か? 一次治療EGFR-TKI 耐性または増悪後のT790M 変異陽性例に対するオシメルチニブによる治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 B
CQ56 PS 0-1 の場合,一次治療としてどのALK-TKI が勧められるか?
  • a . アレクチニブを行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
A
  • b . クリゾチニブを行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:96%〕
A
  • c . セリチニブを行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:96%〕
B
CQ57 PS 2-4 の場合,一次治療としてどのALK-TKI が勧められるか? アレクチニブを行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ58 一次治療ALK-TKI 耐性または増悪後のPS 0-2 に対する最適なALK-TKI は何か?
  • a . 初回ALK-TKI がクリゾチニブの場合は,アレクチニブを行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
C
  • b . ロルラチニブを行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:79%〕
C
  • c . セリチニブを行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕
C
CQ59 ROS1 遺伝子転座陽性にクリゾチニブは勧められるか? クリゾチニブを行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ60 BRAF 遺伝子変異陽性にダブラフェニブ+トラメチニブは勧められるか? ダブラフェニブ+トラメチニブを行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:69%〕 C
CQ61 NTRK 遺伝子転座陽性*にエヌトレクチニブは勧められるか? エヌトレクチニブを行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:97%〕 D
CQ62 扁平上皮癌で遺伝子変異/転座陽性であった場合に,チロシンキナーゼ阻害剤は推奨できるか? 遺伝子変異陽性の扁平上皮癌患者に対して,それぞれのキナーゼ阻害剤を使用するよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:85%〕 D
CQ63 全身状態良好(PS 0-1)なPD-L1 陽性細胞50%以上に対する一次治療において薬物療法は勧められるか?
  • a . ペムブロリズマブ単剤療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:96%〕
A
  • b . プラチナ製剤併用療法+PD-1/PD-L1 阻害剤を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:69%〕
B
CQ64 PS 2 のPD-L1 陽性細胞50%以上に対する一次治療において薬物療法は勧められるか?
  • a . 細胞障害性抗癌剤を行うよう推奨もしくは提案する。〔単剤/推奨の強さ:1,合意率:100%〕
A
  • 〔カルボプラチン併用療法/推奨の強さ:2,合意率:100%〕
B
  • b . ペムブロリズマブ単剤療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:85%〕
D
  • c . プラチナ製剤併用療法+PD-1/PD-L1 阻害剤を行うよう推奨するだけの根拠が明確ではない。〔推奨度決定不能〕
 
CQ65 ドライバー遺伝子変異/ 転座陰性,PD-L1 陽性細胞50%未満,もしくは不明のPS 0-1,75 歳未満に対する一次治療において細胞障害性抗癌剤は勧められるか? プラチナ製剤と第三世代以降の細胞障害性抗癌剤併用を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:93%〕 A
CQ66 ドライバー遺伝子変異/ 転座陰性,PD-L1 陽性細胞50%未満,もしくは不明のPS 0-1,75 歳以上に対する一次治療において細胞障害性抗癌剤は勧められるか?

〈非扁平上皮癌〉

  • a . カルボプラチン併用療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:85%〕
A
  • b . 第三世代細胞障害性抗癌剤単剤を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:85%〕
A

〈扁平上皮癌〉

  • c . 第三世代細胞障害性抗癌剤単剤を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:63%〕
A
  • d . カルボプラチン併用療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:78%〕
B
CQ67 ドライバー遺伝子変異/ 転座陰性,PD-L1 陽性細胞50%未満,もしくは不明のPS 2 に対する一次治療において細胞障害性抗癌剤は勧められるか?
  • a . 第三世代細胞障害性抗癌剤単剤を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
A
  • b . プラチナ製剤併用療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕
B
CQ68 プラチナ製剤併用療法を受ける場合にPD-1/PD-L1 阻害剤の上乗せは勧められるか?
  • a . PS 0-1 症例に対して,プラチナ製剤併用療法にPD-1/PD-L1 阻害剤を併用するよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:78%〕
B
  • b . PS 2 症例に対して,プラチナ製剤併用療法+PD-1/PD-L1 阻害剤を行うよう推奨するだけの根拠が明確ではない。〔推奨度決定不能〕
 
CQ69 ドライバー遺伝子変異/転座陰性, PD-L1 陽性細胞1-49%,PS 0-1 に対する一次治療においてペムブロリズマブは勧められるか? ペムブロリズマブ単剤療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:93%〕 C
CQ70 プラチナ製剤併用療法を受ける場合の推奨される投与期間は? プラチナ製剤併用療法のプラチナ製剤投与期間を6 サイクル以下とするよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ71 プラチナ製剤併用療法を受ける場合にベバシズマブの上乗せは勧められるか?
  • a . ベバシズマブの適応となる75 歳未満,PS 0-1 症例に対して,プラチナ製剤併用療法にベバシズマブを併用するよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:73%〕
A
  • b . 75 歳以上の症例に対して,ベバシズマブを併用しないよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:96%〕
C
  • c . PS 2 症例に対して,ベバシズマブを併用しないよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:92%〕
D
CQ72 プラチナ製剤併用療法を受ける場合にネシツムマブの上乗せは勧められるか? 扁平上皮癌のPS 0-1症例に対して,シスプラチン+ゲムシタビンにネシツムマブを併用するよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:96%〕 B
CQ73 プラチナ製剤併用療法を受ける場合に維持療法は勧められるか?

〈非扁平上皮癌〉

  • a . シスプラチン+ペメトレキセド併用療法4 サイクル後,病勢進行を認めず毒性も忍容可能な症例に対してペメトレキセドによるcontinuation maintenance を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
B
  • b . プラチナ製剤併用療法4 サイクル後,病勢進行を認めず毒性も忍容可能な症例に対してペメトレキセドによるswitch maintenance を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:88%〕
B

〈扁平上皮癌〉

  • c . プラチナ製剤併用療法4 サイクル後,病勢進行を認めず毒性も忍容可能な症例に対してswitch maintenance,continuation maintenance を行わないよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
C
CQ74 PS 3-4 の患者(ドライバー遺伝子変異/ 転座陰性もしくは不明,PD-L1 発現は問わない)に薬物療法は勧められるか? 薬物療法を行わないよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 D
CQ75 一次治療耐性または進行例,PS 0-2,免疫チェックポイント阻害剤未使用例に対する二次治療において薬物療法は勧められるか?
  • a . PD-1 阻害剤またはPD-L1 阻害剤を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
A
  • b . 細胞障害性抗癌剤を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:96%〕
A
CQ76 PS 0-2 に対して二次治療以降で推奨される細胞障害性抗癌剤は何か? ドセタキセル±ラムシルマブ,ペメトレキセド単剤,S-1 単剤を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 A
CQ77 二次治療でドセタキセルを用いる場合にラムシルマブの併用は推奨されるか?
  • a . ラムシルマブの適応となるPS 0-1 症例に対して,ドセタキセルにラムシルマブを併用するよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:74%〕
B
  • b . 75 歳以上の症例に対して,ドセタキセルにラムシルマブを併用しないよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:78%〕
D
  • c . PS 2 症例に対して,ドセタキセルにラムシルマブを併用しないよう提案する。〔PS 2/推奨の強さ:2,合意率:87%〕
D
CQ78 二次治療以降でエルロチニブは推奨されるか? EGFR 遺伝子変異陰性もしくは不明の患者に対して,エルロチニブ投与を行わないよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:65%〕 C

8 転移など各病態に対する治療

総論.転移など各病態に対する治療方針

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ79 症状を有する骨転移に対して,放射線治療が勧められるか? 放射線治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 A
CQ80 症状を有する骨転移に対する適切な照射法は何か?
  • a . 分割照射を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
A
  • b . 単回照射を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:97%〕
A
CQ81 病的骨折の危険性の高い骨転移,または脊椎転移が脊髄圧迫を生じている骨転移に対して,外科治療が勧められるか? 外科治療を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕 C
CQ82 病的骨折の危険性が高い骨転移,または脊椎転移が脊髄圧迫を生じている骨転移に対して,放射線治療が勧められるか? 放射線治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ83 骨転移を有する症例に対して,骨関連事象の抑制(発現率を軽減し,発現までの時期を延長させる)に骨修飾薬(ゾレドロン酸またはデノスマブ)は勧められるか? 骨修飾薬(ゾレドロン酸またはデノスマブ)による治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 B
CQ84 遠隔転移が単発の脳転移のみのⅣ期症例に対して,定位手術的照射や外科治療は勧められるか? 脳以外の病巣がコントロールされており,かつ単発の脳転移に対して,定位手術的照射や外科治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:85%〕 C
CQ85 症状を有する脳転移に対して,外科治療は勧められるか? 症状を有する単発性脳転移に対して,腫瘍摘出術を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕 C
CQ86 症状を有する脳転移に対して,放射線治療は勧められるか? 症状を有する脳転移に対して,放射線治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ87 多発性脳転移に対して,放射線治療は勧められるか?
  • a . 多発性脳転移に対して,全脳照射を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:84%〕
C
  • b . 4 個以下で腫瘍径3 cm 程度までであれば定位手術的照射を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:97%〕
C
  • c . 5~10 個の脳転移に対して,定位手術的照射を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:61%〕
C
CQ88 手術や定位手術的照射に,全脳照射の追加は勧められるか? 手術や定位手術的照射に,全脳照射の併用を行わないよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕 A
CQ89 髄膜癌腫症に対する適切な治療法は何か? 髄膜癌腫症に対して,薬物療法・放射線治療を行うよう勧めるだけの根拠が明確ではない。〔推奨度決定不能〕  
CQ90 無症候性脳転移に対して,薬物療法は勧められるか? 薬物療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ91 縦隔・肺門病変による気道狭窄,上大静脈狭窄など胸郭内の腫瘍増大に伴う症状の緩和を目的とした胸部放射線治療は,行うよう勧められるか? 放射線治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:94%〕 A
CQ92 胸腔穿刺・ドレナージを行った癌性胸膜炎に対して,どのような治療が勧められるか?
  • a . 胸腔ドレナージ後の症例には,胸膜癒着術を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:92%〕
A
  • b . 薬物療法未治療例には,胸膜癒着術の代わりに薬物療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:88%〕
C
CQ93 心嚢穿刺・ドレナージを要する癌性心膜炎に対して,どのような治療が勧められるか? 心膜癒着術を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:79%〕 C

※CQ No.部分をクリックすると解説へ移動します。

Ⅲ.小細胞肺癌(SCLC)

総論.小細胞肺癌の治療方針

1 限局型小細胞肺癌(LD-SCLC)

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ1 臨床病期Ⅰ-ⅡA 期(第8 版)の小細胞肺癌に外科治療は勧められるか? 臨床病期Ⅰ-ⅡA 期(第8 版)の小細胞肺癌に対して,外科治療を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:90%〕 C
CQ2 小細胞肺癌の手術後の治療は何が勧められるか? 小細胞肺癌の手術後の治療として,薬物療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 C
CQ3 医学的な理由で手術ができない臨床病期Ⅰ-ⅡA 期(第8 版)の小細胞肺癌の放射線照射法として,定位照射は勧められるか? 医学的な理由で手術ができない臨床病期Ⅰ-ⅡA 期(第8 版)の小細胞肺癌の放射線照射法として,定位照射を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:89%〕 D
CQ4 限局型小細胞肺癌(PS 0-2)において,化学放射線療法は勧められるか? 限局型小細胞肺癌(PS 0-2)に対して,化学放射線療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 A
CQ5 限局型小細胞肺癌(PS 0-2)の化学放射線療法における放射線治療のタイミングは,早期同時併用が勧められるか? 限局型小細胞肺癌(PS 0-2)の化学放射線療法における放射線治療は,早期同時併用を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 B
CQ6 限局型小細胞肺癌(PS 0-2)に対する放射線照射法は,通常照射法と加速過分割照射法のどちらが勧められるか? 限局型小細胞肺癌(PS 0-2)に対する放射線照射法は,加速過分割照射法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 B
CQ7 限局型小細胞肺癌(PS 0-2)に対する化学放射線療法に併用する最適な薬物療法は何か?
  • a . 限局型小細胞肺癌(PS 0-2)に対する放射線治療と同時併用する際の薬物療法は,シスプラチン+エトポシド療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
C
  • b . シスプラチン+エトポシド療法の投与が困難な場合,カルボプラチン+エトポシド療法後に逐次放射線療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕
D
CQ8 PS 3-4 の限局型小細胞肺癌に対して,薬物療法は勧められるか?
  • a . PS 3 の限局型小細胞肺癌に対して,薬物療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕
C
  • b . PS 4 の限局型小細胞肺癌に対して,薬物療法は行うよう勧めるだけの根拠が明確ではない。〔推奨度決定不能〕
 

2 進展型小細胞肺癌(ED-SCLC)

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ9 進展型小細胞肺癌(PS 0-2,70 歳以下)における最適な一次治療は何か?
  • a . 進展型小細胞肺癌(PS 0-2,70 歳以下)にはシスプラチン+イリノテカン療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕
A
  • b . 進展型小細胞肺癌(PS 0-2,70 歳以下)にはシスプラチン+エトポシド療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:100%〕
A
CQ10 進展型小細胞肺癌(PS 0-2,71 歳以上)における最適な一次治療は何か?
  • a . 進展型小細胞肺癌(PS 0-2,71 歳以上)に対してシスプラチンの一括投与が可能な場合にはシスプラチン+エトポシド療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:95%〕
B
  • b . 進展型小細胞肺癌(PS 0-2,71 歳以上)に対してシスプラチンの一括投与が困難な場合にはカルボプラチン+エトポシド療法あるいはsplit PE 療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:95%〕
C
CQ11 進展型小細胞肺癌(PS 0-1)に対して,プラチナ製剤併用療法にアテゾリズマブの上乗せは勧められるか? 進展型小細胞肺癌(PS 0-1)には,カルボプラチン+エトポシド+アテゾリズマブ療法を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:71%〕 B
CQ12 進展型小細胞肺癌(PS 3)に対して,薬物療法は勧められるか? 進展型小細胞肺癌(PS 3)に対して,カルボプラチン+エトポシド療法あるいはsplit PE療法を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:91%〕 C
CQ13 進展型小細胞肺癌(PS 4)に対して,薬物療法は勧められるか? 進展型小細胞肺癌(PS 4)に対して,薬物療法は行わないよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:70%〕 D

3 予防的全脳照射(PCI)

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ14 限局型小細胞肺癌の初回治療で完全寛解が得られた症例に対して,予防的全脳照射は勧められるか? 予防的全脳照射を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:83%〕 B
CQ15 予防的全脳照射の勧められる線量は何か? 25 Gy/10 回相当を行うよう提案する。〔推奨の強さ:2,合意率:82%〕 B
CQ16 進展型小細胞肺癌における薬物療法後の予防的全脳照射は勧められるか? 予防的全脳照射を行わないよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:89%〕 B

4 再発小細胞肺癌

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ17 再発小細胞肺癌(sensitive relapse)に対する最適な薬物療法は何か? 再発小細胞肺癌(sensitive relapse)に対してノギテカン単剤,シスプラチン+エトポシド+イリノテカン(PEI)療法,アムルビシン単剤を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 A
CQ18 再発小細胞肺癌(refractory relapse)に対する最適な薬物療法は何か? 再発小細胞肺癌(refractory relapse)に対して,アムルビシン単剤を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:96%〕 C

※CQ No.部分をクリックすると解説へ移動します。

Ⅳ.緩和ケア

総論.肺癌の緩和ケアについて

1 緩和ケア

No. クリニカルクエスチョン 推奨 エビデンスの強さ
CQ1 進行・再発肺癌患者に対して,診断早期からの専門的な緩和ケアの提供は勧められるか? 進行・再発肺癌患者に対して,診断早期からの専門的な緩和ケアの提供を行うよう推奨する。〔推奨の強さ:1,合意率:100%〕 B
CQ2 進行・再発肺癌患者に対して,提供すべき診断早期の専門的な緩和ケアはどのようなものか?

Interdisciplinary PC(協働包括的緩和ケア)チームにより,以下の内容が実践されることが推奨される。

  • a . 患者および家族を含む患者の生活支援者と医療スタッフとの間の意思疎通をはかり信頼関係を構築する
  • b . 患者の身体的苦痛,心理・社会的苦痛などトータルペインを評価し緩和する
  • c . 疾患と予後についての理解度を評価し,正確な理解を促す
  • d . 治療の目標を明確にする
  • e . 患者のコーピングを評価し,支援・強化する
  • f . 医学的な意思決定をする際の支援を行う
  • g . 他の医療・ケア提供者との協調が保てるようにする
  • h . 必要時は他の医療・ケア提供者に紹介を行う

〔推奨の強さ:1,合意率:78%〕

C